wimax アンテナ

サイトマップ

WiMAXの通信が途切れ途切れ・・・

WiMAXの通信エリアとして、弱電波エリアの方がいます。
そう言うエリアだと、通信状態が今ひとつだったりします。





例えば、動画を観ていても、映像がカクカクだったり、ブツブツだったり。
そうなると、イライラしてしまいます。



何か、もっと通信環境を良くする手はないものか・・・。
そんな時、パラボラアンテナを自作して、WiMAXの電波をかき集める方法を知りました。



↓WiMAXの詳細情報はこちら↓
GMOとくとくBB WiMAX 2+

パラボラアンテナを自作する方法

ただ、そう聞いただけだと、「パラボラアンテナって自作出来るの??」そう思ってしまいます。
結論から言えば、自作出来ます。



パラボラアンテナ



難しい工作は必要ありませんし、金額的にもそんなに高価なものではありません。
ほんの数百円程度で作れます。



材料としては、ボウルアルミホイルを使用します。
どちらかと言うと、お勧めはボウルです。



金属製ボウル



ボウルを垂直に立てる工夫をすれば、パラボラアンテナの完成です。
ボウルがWiMAXの電波を反射するので、そこにWiMAX端末を立てれば良いだけです。



金属製ボウルでWiMAXをかき集める



あなたがイメージするよりも、WiMAX端末をボウルの中に近付けるのがポイントとなります。
実際に効果のある方法ですから、是非、お試し下さい。

本当に効果あるの?

とは言っても、たったこれだけでWiMAXの通信状態が本当に良くなるのか、信じられないと言う方がいるでしょう。
そこで、GMOとくとくBB WiMAX 2+が行っている実験動画をご紹介したいと思います。



まずは、金属製ボウルをパラボラアンテナとして使っている実験動画です。





ご覧頂いたように、実際にパラボラアンテナによって通信速度の向上が観られます。
そう、わざわざ工作するだけの価値はあるのです。



続いて、傘にアルミホイルを貼る事によってパラボラアンテナとして使っている実験動画をご紹介したいと思います。





こちらは少し工作が必要となりますが、通信速度の向上は見込めます。
チャレンジしてみる価値はありますので、興味ある方は試してみて下さい。



↓GMOとくとくBB WiMAX 2+はこちら↓
GMOとくとくBB WiMAX 2+

「WiMAXを契約するなら、鬼安こと月額割引キャンペーンがお勧め!」について

WiMAXサービスを契約するなら、鬼安こと月額割引キャンペーンがお勧めです。その理由について、詳しくご紹介します。

Copyright © WiMAXを契約するなら、鬼安こと月額割引キャンペーンがお勧め!. All rights reserved